So-net無料ブログ作成
僕やりドラマ ブログトップ

窪田正孝ドラマ僕やり1話 あらすじ 内容 感想 [僕やりドラマ]

原作:金城宗幸のドラマ僕たちがやりました
主演は窪田正孝

僕やりどんな内容かと言うと

主人公増渕トビオ(窪田正孝)は、凡下(ぼけ)高校2年生です。 おおきな夢を持つわけでもなく“そこそこで生きられればいい”程度しか考えていません

まあ、今どこきの学生です
同級生で友達は、伊佐美翔(間宮祥太朗)や、“マル”こと丸山友貴(葉山奨之)、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎(今野浩喜)です。 4人でボウリングやカラオケなど明け暮れて、そこそこ楽しく過ごしています。
そんななか、向かいにある矢波(やば)高の市橋哲人
(新田真剣佑)が仲間に指示して、凡下高の生徒を暴行する事件が頻発します。 矢波高は、ヤンキーの巣窟として知られています

刑事の飯室成男(三浦翔平)らも障害事件として動き出し、 トビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)も気が気じゃありません。 刑事役が勝子いい

矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場に遭遇した時、 マルが思わず”矢波高全員死ねー!!”とつぶやいたのを市橋に聞かれてしまいます

まさかの聞かれです

ある日、マルが市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまいます
翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画を立てます。
ところが、この計画がとんでもないことになります。 気がついた時には、矢波高は火の海になっていて、気が動転している間に、4人は爆破事件の容疑者になっていました。
4人の結論は、”逃げる”ことにします

4人の逃亡を追いかける、刑事、教師、不良たちとの追いつ追われつの攻防、その中での4人の成長、
教師とのふれあい、好きな子との別れなど、展開が楽しみです。

ドラマではどんな結末になるんでしょうか?

見逃したら 僕やりドラマ動画1話
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
僕やりドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。